トップページ >> 乾燥しきった砂漠状態のお肌「敏感肌・乾燥肌」

月別: 2017年3月

乾燥しきった砂漠状態のお肌「敏感肌・乾燥肌」

敏感肌は乾燥しきった砂漠状態の肌のその先にあって、普通の人にとっては何でもない刺激や物質に過剰に反応する肌質のことをいいます。髪の毛が触れただけでも肌がかゆく赤くなったりする人もいます。

そして敏感肌の方には、乾燥肌も併せ持ってる人もいます。そうなるとお肌が乾燥して、余計に敏感になって大変なんですよね。だから私は乾燥肌改善するための化粧水として、セラミドが含まれている化粧水や美容液を用いています。それがいいんですよね。
乾燥肌化粧水の口コミとは:
http://xn--tckuev74ho9dk3ae78gmlisuvl6h.com/

皮膚の表面には皮脂があります。ところが、洗顔をしすぎたり、クレンジング剤などによって必要以上に皮脂を落としてしまうと、肌の状態を正常に保てなくなりバランスを崩してしまいます。皮脂が過剰に分泌されたり、逆に分泌されなくなったりしてしまいます。

毛穴の奥までしっかりクレンジングといった宣伝文句をよく聞きますよね。でもこれが肌を傷つけている原因でもあるのです。

人の皮膚の表面には微生物がいて、人の皮脂などを餌に生きています。この微生物が分泌する脂肪酸などが、人間の汗などと混ざって保護膜を作ります。これが天然の保湿クリームになり肌を守ってくれます。

クレンジング剤やダブル洗顔などで微生物の餌である皮脂を洗い流し、人工的な餌を与え続けられたら、そんな環境では生きていけません。綺麗な肌にしようとクレンジングしていても、実際は天然の保護膜を壊して失わせているのです。

大事な脂まで落としているので、洗いあがった肌はカサカサと乾燥し敏感肌へとなっていきます。結果、不足した皮脂をクリームなどの人工的な油で補うこととなり、悪循環に陥るのです。

洗いすぎない、つけすぎない。これが、敏感肌を改善する一番の近道だと思います。健康な肌を保つには過保護ではいけません。今までの習慣を変えるのは難しいかもしれませんが、それではいつまでたっても肌の改善は見込めません。

一時的なごまかしは肌のためにならないので、日常の中でしっかりとお肌ケアをしていくことです。それにより、肌本来の力を引き出し蘇らせることの方が大切だと私は考えます。